日の当たらない場所。

無職準引きこもりの備忘録

4/2。

図書館で借りた本を読みきれず、一旦返却して別の本を借りてきた。宮下奈都の「太陽のパスタ、豆のスープ」を昨日読了した。読むのに4日か5日ほどかかった。全体的に温かい雰囲気の世界観だったが、会話の応酬が若干くどく感じた。
今日、注文してた村田沙耶香の「コンビニ人間」が届いたので早速1時間ほど読んだが面白いと思う。ネットのレビューで、中学生でも読みやすい、と書いてた通り、描写も簡潔で分かりやすくスラスラ読める。芥川賞を取る作品は高尚で難解な表現が使われてる作品かなと勝手に思い込んでたが、全くそんな事なかった。買って正解だと思う小説だ。まだ半分しか読めてないが。

午前中、1時間半ほど買い物に行ってきたが、自転車で坂道登るのがきつくて膝が痛くなった。昔から屈伸すると膝がパキパキなるのだが、デブだから膝が弱くなってしまったのか。明日も気力があれば自転車で30分くらいの駅前まで行く予定。
夕方、民放ニュースで一発目から親子が無理心中したと流れ、続けざまに新社会人の入社式の映像、新社会人の力がかったインタビューと真逆の話題が。陰陽が強すぎる。自分の住んでる県は自殺率が高いから新社会人も気をつけてほしい。まぁ知らん他人の心配なんかしてられないが。