日の当たらない場所。

〜無職引きこもりの備忘録〜

11/14。

図書館で「病気でないから引きこもりは解決できる」という本をパラ読みしたが良い本だとは思えなかった。引きこもりの親に向けての内容がメインだろう。解決策の一例に両親だけで休日旅行へ行く。その際僅かな食費だけ置いていき、冷蔵庫は絶対に空にするという。これで当人に外出の意思を芽生えさせる寸法らしいが、嫌だなと思ったのがこの事例を「ショック療法」「親のゲリラ戦法」と書かれていた。まるで悩みを抱えてる人を相手を弱い者いじめにしただけに聞こえる。これで大半の家族は解決し、逆に親がこの計らいに罪悪感が起き失敗した場合、それは親の優柔不断さや甘さが悪い。と著者は述べていた。正直胸糞悪い。その他インターネットは何の解決にもならないから悪だとか書かれていたような。2005年だとまだネット社会が発展途上だったかもしれないが、何と言うか古い概念に縛られたおっさんが引きこもりを敵と見做してるように見え、全く読む気になれない本だった。Amazonレビューでこの本が悪評であってほしい。
大抵引きこもりの本は家族や支援者側に向けて書かれてるものが多い。引きこもりやニート当事者のエッセイ本があったら読みたい。

歯医者で歯石取りしてもらったら診察料4000円も取られて納得いかない。若干放心気味になった。細かく言えばホワイトニング用歯磨き粉で歯磨き指導され、可愛い歯科衛生士さんに歯間ブラシまでされて来たのだが、高すぎないか。おまけに歯間ブラシを押し売りされ、1本だけ買ったが(140円)、帰りに寄ったコンビニに売ってた歯間ブラシは10本入り300円くらいだったから歯医者で買わなくてもよかったのにと後悔している。

先日メルカリに何故か250ポイント入ってたから、40枚入り300円の宛名シールを注文した。シールの下部に私(差出人)の住所氏名も印刷してくれて良いサービスだなと思う。これで郵便物送る際の準備が楽になる。ネットなどで物を頻繁に売ったりしてる人には宛名シールおすすめしときます。

広告を非表示にする