日の当たらない場所。

無職準引きこもりの備忘録

11/2。

前日耳鼻科へ行ってきた。ネットで予約したのにどうやら私より前に来た急患がいたようで20分くらい待たされた。予約した時間過ぎても待たされるなら予約なしで早い時間に行けばよかったかも。
2年くらい前に出来た新しい所で、綺麗な院内、診察室が自動ドアな事が1番びっくりした。耳鼻科は小学生の時一度行ったっきりだ。診察室にモニター付きの診察椅子があり(歯医者にある感じの)そこに座るよう促されたが、「こ、これ靴履いたままでいいんですか?」と挙動不審になってしまった。横を向いて耳の中を見てもらい「右耳、化膿して膿が溜まってるので吸い出します」と長細い器具を入れられ数秒ピリッとした痛みがあった。かなり待合室で待たされたが診察は5分くらいで終わった。もっと聴覚検査とか細菌の採取とかされて時間かかると思ったが。私の症状がどんな病気のカテゴリーに入るか聞きそびれた。ただ化膿してるだけだから外耳炎の初期だと思う。初診だったけど診察料1100円、薬代500円で安く済んで安心。一週間後にまた行かなきゃいけないが。なるべくイヤホン使わないよう言われたが、アニメ観る時とかイヤホン付けないとあんま集中できないから少し不便。部屋中に音が響いてるという空間はあまり好きじゃない。

病院代の残りで今日はブックオフで漫画買ってマックに来た。今ブログを書きながらバニラシェイクを飲んでる。家でも飲みたいなこれ。午後2時だと子連れの家族はいなく、パソコンで作業してるサラリーマンと二人組のおばさんしかいなくて静か。ダブルチーズバーガーも美味しいし来てよかった。

そういえば今朝見た夢がなかなか嫌な味を出してて寝起きの気分が悪かった。
同じ美術部だった同級生に出くわして、やたら自分の上手い絵を見せてくるのだ。それだけならいいが、やたら自慢げに見せられ、「あんたはどんくらい上手くなったの?」と皮肉っぽい口調で聞かれた。専門学校でもあまり画力が成長せず中退、ますます絵から遠ざかった自分にとっては悔しいというか、後ろめたさと情けない気持ちで包まれた。
そもそも絵の上手さで自慢大会みたいな最近の風潮が嫌だ。どんな絵でも上手さじゃなく素敵な個性・感性を理解しようと思ってる。
そんなことを口先で言いながら自分の絵に自信が無いのでもっと練習しなきゃと思いながら、何も生み出せないでいる。