日の当たらない場所。

〜無職引きこもりの備忘録〜

8/5。

昨日、恒例行事と化した歯医者へ行った。抜歯怖かった。てか毎回何が起きるか怖い。診察椅子に座って笑気麻酔(鼻からガス吸引する鎮静処方)してる時かすかに横の仕切り越しに、待合室にいたスーツのお兄さんの頭部が見えたので、こっちが鼻に変な装置付けてるの見られてないか恥ずかしかった。隣でお兄さんと医師と歯科衛生士が談笑してて少し羨ましい。
5分くらいガス吸引してると、ハイな気分というか、いつもの卑屈で根暗底辺な性格が消え、妙に良い気持ちにしかならない。ディズニーランド行きてー!とか考えてた。一日中笑気麻酔してたら幸せなんじゃないかと思う。Twitterで笑気麻酔を体験した人がいたら感想聞きたい。まぁ笑気麻酔するほど重度の歯科恐怖症かつ重症なの自分だけか。笑気麻酔テイクアウトさせてほしい。
しかし麻酔されても歯を抜かれる瞬間耳元で「ミシミシィ!」みたいな怖い音が聞こえ、痛みにビビり即座に左手を上げた、と同時に医師に「もう抜けたから!よく頑張ったね〜」となだめられ事なきを得た。確か医院のHPに「家族のように患者と接したい」的な事を書いていたし、優しい医師をパパと呼びたくなってきた。声が天龍だけど。
30分で診察が終わり、帰りに薬局で痛み止めを貰った。シャッター商店街にある狭い薬局は客がいないのに、薬剤師さんが3人(全員おっさん)もいて少し威圧感がある。毎回「今日はどうされたんですか〜?」と聞かれの、プライバシーの侵害じゃないかと思うが、多分処方箋貰いに来たのが本人なのか探っているのかもしれない。麻酔がかかった状態のまま、暑い中チャリ漕いで帰るの本当に疲れた。

今日はTシャツ買いに行こうかなと思いついて、一番近くの服屋に行ってきたのにあまり好みのやつが無く、というかよく見たら年配向けの婦人服が多い店だと気付き撤退。せっかくなのでダイソーに寄り、シャボン玉と可愛いフレークシール、絵を描く気力なんて全くないのにシナモンの自由帳を衝動買い。なぜシャボン玉買ったかというと、だいぶ前にフォロワーさんが「辛くなった時にシャボン玉すると気持ちが落ち着く」という風なツイートをしてたので便乗させていただいた。
夕方、家の廊下で吹いたが、思ったよりシャボン玉ってすぐ消えるのが切なかった。でも思いっきり吹いて綺麗なシャボン玉を見るという工程で、イライラが沈めれるんじゃないかと思う。夜もやりたくなってきた。
明日こそTシャツ買いに行きたい。ただし安心と信頼のしまむらで。(安い服しか買えない)