日の当たらない場所。

〜無職引きこもりの備忘録〜

7/29。

書こう書こうと思いつつかなり日が経ってから今やっとブログを書けている。何から書こうか迷ったが取り敢えず「休日のスーパーが大嫌い」という事だけは伝えたかった。何を思いついたのかとある土曜日、消しゴムのカスみたいなバイト代で親と私の3人分の夕食でも作ろうかと思い立ち、空腹に耐えながらスーパーへ行った。入った瞬間来なきゃ良かったと薄っすら思った。休日なんだから多少人多いのは覚悟してたが、健常者の雑踏はこんなにも私に居心地の悪さを与えてくれるとは。恐れ入りました。
皆家族連れでわいわいしてるのを見て惨めな気持ちになり、試食コーナーで頑張って働いてる人を見て劣等感を抱き、色々気が滅入った。ついでに野菜の値段の高さにも気が滅入り、金も減り、今は後悔しかない。休日のスーパーは二度と行きたくない。

あと最近は歯医者通院がもう中心みたいになってる。引きこもりこじらせすぎて3年振りに行ったら色々ヤバイ事なってたんで頑張って通院したいなと…。(自業自得なのだが歯科恐怖症がやっと勇気出して歯医者に出向いた事は褒めてほしい)小児歯科も受付てるだけあり、すごく優しい雰囲気の所なのだが、50代くらいの医師の声が天龍(確かプロレスラー)に似てて聞き取りにくい。丁寧に説明してくれてるがあまり聞き取れてない、申し訳ない。歯の治療って毎回少しずつしか進まないため、診察が終わっても翌週の診察日に怯える日々だ。歯科恐怖症の対策として、やはり通院して慣れるしかないようだ。問診票に歯科恐怖症だと書いたら、人生で初めて笑気麻酔という、ガスを吸引して気分をリラックスさせる何だか如何わしい体験をした。(ちなみに後で知ったが笑気麻酔はあくまで気分を良くするだけで治療の痛みが無くなるわけでは無いらしい)酒に酔った感覚と言われたので、酒を飲んでも頭痛しかしない私にとって、あの高揚した感覚は新鮮でとても良かった。合法薬物に認定してほしい。毎日吸いたい。しかし笑気麻酔をしても治療は相変わらず怖いので毎回冷や汗で椅子がビチャビチャになる。夏に歯医者って2倍汗かいて疲れる。まぁこんな歯医者通いの無職をどうか笑わないで下さい…

あとは神社で小吉を引いたとか、図書館で太宰治読んだとかくらい。たまに頭おかしくなって夜中フラフラ歩いたりしてるのだが、その続きはまた次回。