読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の当たらない場所。

〜無職引きこもりの備忘録〜

ネット断食。

Twitterで楽しい事たくさんあったと思うんだけど、人に裏切られた(自分が勝手に仲良いと錯覚してただけかも)思い出ばかり蘇ってメンヘラこじらせてる。
ワンクリックで人を拒絶できる強さ。そんな事で落ち込む自分。
もしかしたらずっとこの繰り返しなんじゃないかネットの世界は。
もし近場に友達がいたら、まだ救われてたと思う。
口先だけのTwitterがなんか嫌になった。元々現実世界で友達いないからネットでも無理だよな。
去年、Twitterで好意寄せてくれた男性がいたんだけどオフ会する一ヵ月前に突然音信不通になり、初めは仕事で何があったのかとか事故とか心配して、相手の住所知ってたから手紙出したり電話掛けたり(一度も繋がらなかった)。異常だったかもしれないがその人のFacebookまで探してしまった。今思うと気持ち悪いストーカー行為だ。結局半年後にTwitterブロックされてやっと「あ、私嫌われたのか…」と自覚して終わった。一体何だったんだろう。釣りスレでもやってたのか?結局自分は会う価値もない人間だった訳なんだが。確かにデブス無職にわざわざ時間割いていられないよな社会人は。
今思うと本当に勘違い馬鹿だった、すごく恥ずかしい。
こんなアホらしい事しでかしてもTwitterにのめり込むの辞めれなかった。
ネットにいても他人と比較しちゃうし、変な人に絡まれたり叩かれたりするだけなのに。
ネット越しに人が他人に出来ることって たかが知れてるのを気づいた。仲良くした気でいたら、前触れも無く嫌われる残酷さを思い出したから人と関わるのがまた怖くなってきた。
ネットも現実世界もつまんない。つまんないというかやるせない。やっぱり好意寄せてくれる人ほどあまり信用出来ない。裏切られるのが怖いから、惨めな思いしたくないから。