日の当たらない場所。

無職準引きこもりの備忘録

初めての献血。無職編

献血ルームの中はオシャレなカフェのような空間だった。受付の美人なお姉さんに「初めてなんですけど…」と告げ、最初に名前や住所を書く紙を渡される。職業欄に無職の項目が無いため、その他に丸をした。ここに来る前までは初めてだから全血献血の200mlにしようと思ってたが、20歳以上の血液は400mlのにしか需要がないらしく、400ml抜く事になった。紙を書いたら、次は血圧測定をした。正直注射より血圧測るのが痛すぎて一気に帰りたくなった。久々にやったから機械の仕組みが分からず、腕が圧縮される感覚が怖く、痛みから開放されたと思ったら2回も圧縮されるなんて...。
受付で質問事項や注意事項を聞いた後、献血する前に水分を取ってお待ち下さいと言われ、全品無料の自販機に感動しつつ抹茶オレを飲んだ。
飲み終わったタイミングを見計らって受付のお姉さんに呼ばれ、いよいよ献血フロアに。医師に名前と生年月日を伝え、献血が初めてだと言うと「アドバイスするけど、献血されてる時は学校の事や仕事の事を忘れて、楽しい事だけ考えてくださいね」と言われ(無職なんだよなぁ...)と気まずい気持ちに。
看護師さんに検査用の血液検査をされる。「注射したあと具合悪くなることありますか」と聞かれ、「特に無いですけど注射苦手で...」と弱音を吐き、更になぜ献血しようと思ったのか聞かれ、どう答えればいいか分からず「なんとなくですね...」で済ませてしまい。こいつ注射苦手なのになんで無理矢理やって来たのかと不思議に思われてないか不安だった。
皮膚科の処方箋も献血に影響ないらしいから、こっからやっと献血。私の他に男性二人が献血の最中だった。平日に来てるのが自分だけじゃなくてよかった。歯医者とかにある診察椅子に座り、他の人とは違い、私が初めてだからか終わるまでずっと看護師さんに横で付き添われていた。小さいモニターでテレビが見れて、椅子の枕元から音がする中、看護師さんに色々質問されるからミヤネ屋が見れなかった。テレビを付けた意味とは。帰りの電車が3時だけど間にあうかどうか聞いたら無理そうだから、次の電車まで此処でゆっくりしていいからと言われたり、話題が無いから適当に桜の話とかした。ずっと針が刺さってる感覚と、職質されたらどう言おうかと考えてたら緊張で精神が限界だった。時計が見れなかったからどのくらい時間経ったか把握出来なかったが、終わった後にまた水分取ってくださいと言われたら、キャラメルラテを飲んでから献血フロアを出る。受付のお姉さんにお疲れさまですと言われ、献血についてのパンフレットと、来た回数によって記念品が貰えるポイントカードなどをもらい、抹茶アイスをいただいた。アイス食べながらテーブルに献血来た人の記録ノートがあったからパラパラ読んで、自分も少しだけ書いといた。20分くらい長居しちゃおうかなと思ったが、私の後に献血を終えた人が、アイスを食べたらすぐ帰っていったから自分もそうした方がいいかなと、自分もそそくさと献血ルームを出た。
こっからは余談だが、帰りの電車まで時間を潰すため、金欠だから1時間だけカラオケで歌ったらみるみる具合が悪くなった。献血した後は激しい運動は避けてくださいと言われたが、カラオケも駄目なのか。吐き気に襲われてフラフラしながら駅に着き、帰りの電車では落ち着いたが今度は家まで自転車漕ぐのがしんどかった。そう言えば今日は昼飯を食べてなく、献血で貰ったアイスだけだったから体力が保たなかったのかもしれない。
献血行った感想なのだが、心身共に疲労困憊した。極力他人と会話したくないから、看護師さんがそばにいるのがしんどかった。ただの嫉妬だが受付のお姉さんが美人なのと、献血記録ノートに書かれた「可愛い看護師さんがとても優しかったです」を見て、やっぱり世の中顔かよ…と嫌な気分になった。
でも無職だから社会貢献しようと献血に行けたことは、少なからず良い経験をしたと思う。と同時に誰かに無職の血が流れるかと思うと若干罪悪感があるな...。
ラジオで昔よく小林麻耶さんが出てる献血促進番組を聴いてたから、ずっとやろうと考えていた。私の行った献血ルームも血液が不足してるみたいだから、少しでも献血してくれる人が増えればいいなと思う。

4/10。

久しぶりに皮膚科行ってきた。10時半まえに来たら20人くらい既に待っていた。早めに皮膚科終わらせて献血に行こうと考えてたが、結局2時間も待たされ、診察終わったのが12時半だから午前の献血は諦め...。午後は2時からやってるらしいからそれまで手芸屋行って、ついでに近くに古本屋があったから気になってのぞいて来た。
狭い1フロアで天井まで届く本棚に本がぎっしり詰められ、本棚の前も無造作に本が積まれていた。まるでどっかから拾い集めて来たような、ジャンルも分けられてない本達の遺体安置所に見えた。客も私しかおらず、店主(ヒゲ生やして眼鏡かけてる50代くらいのおっさん)はレジのカウンターでpcでゲームやってる感じだった。なんかもっと頑張って本の整理とかすればいいのに...。
せっかく入店したから1冊くらい買おうと物色したが、積まれた本の山を崩すわけにもいかないから、しゃがんで背表紙眺めたり、古そうなトランプ占いの本や植物図鑑とか気になったが、今の自分にすごく必要な訳じゃないし、小説も出来るだけ図書館のを借りようと思ってるし。結局、田岡りきの「吾輩の部屋である」という漫画の1巻を買った(200円)。
古本屋出たら、あの本に圧縮された空間を抜け出した開放感がたまらなかった。古本屋の雰囲気も面白かったからまた物色しに行きたい。
その後、薬局で処方箋を貰いに行き、献血ルームと同じ階にあるトイレでTwitter見ながら時間を潰し、2時ちょうどに献血ルームに入った。つづく。

雑記

感受性が強すぎて小説で主人公が泣く描写にもらい泣いてしまう。群ようこの「パンとスープとネコ日和」を先日読んだ。ネタバレだが物語の後半で飼い猫が急死してしまい、主人公が何度も落ち込んでは泣く場面が多く、その度に自分もいちいち泣いてしまった。別に1人で泣いてるのが悪いわけじゃないけど、泣くと頭痛するから何とかしたい。無職で打たれ弱くなったせいで随分涙脆くなったもんだ。
個人的、群ようこさんの小説は結構好きだ。刺激のある話じゃないが、ほっこりするような日常系な作品で文章もスッと心の中に入ってくるような、読み心地が良い。あと自分は猫好きだから、最近は猫が登場する小説を選んでしまう傾向が出てきた。
一冊を最初から最後まで完読すると少しずつ読書に自信がついてきた。今のところ自分にとって読みやすい話ばかり好んでるから、苦手なジャンル、ミステリーとか作者が外国人の作品(翻訳が読みにくい場合や登場人物の名前がカタカナだと覚えるのが困難になる)にも後々手を出していきたい。GWはずっと読書漬けとかもいいかなぁ、集中力が持てば。

アニメのBECKオカルティック・ナインを全話観た。BECKは主人公のコユキ君がバンドを通して青春を駆け抜けた素敵な話だった。最後アメリカツアーが決まったのをきっかけにコユキ君が学校辞めたっぽいが、漫画だとどうなっているんだろうか。劇中に洋楽がたくさん使われてて、洋楽も良いと思えた。
オカルティック・ナインは、登場人物のキャラが濃いから3話くらいまで慣れなかったが、話が作り込まれててかなり面白かった。吉祥寺が舞台で、キャラが溜まり場にしてる喫茶店とか延命寺にある250k爆弾の破片とか見に行きたくなった。東京都内が舞台の作品てなんかわくわくする。原作がラノベでゲームも出てたのを後から知った。アニメだと最終回がバットエンド感があったからゲーム版のエンディングも見てみたい。

明日は皮膚科行った後に、人生で初めての献血をやってみようと思う。でもさっき調べたら午前中の営業時間が12時半迄だから、皮膚科の待ち時間が長かったら間に合わないかもしれない。前回2時間くらい待たされたから心配。長引いたら午後に献血するけど2時からだから結構な時間暇になるし、帰りの電車本数少ないから家に着くの夜になりそうだ。考えるとめんどくさくなってきた。その前に飲んでる薬が献血に影響しなきゃいいけど。結果はまた後日ブログに書く予定。

4/4。

今月中にやりたい事。
・皮膚科行く(先月行き忘れた)
献血してみたい
・市のメンタル相談に予約
・部屋の大掃除

献血は前から気になってたけどなかなか勇気が出なくて。無職が出来るせめてもの社会貢献的な...、注射は我慢できると思うけど心配なのが食生活がかなり偏ってるから血液検査で引っかからないか、あと今は皮膚科にしか通院してないが処方箋でアレルギー薬飲んでるから献血に影響するかどうか。皮膚科と献血ルームが近くだから皮膚科終わった後に献血するつもり。
メンタル相談は、臨床心理士に面談形式だ。無料なのは良いけど電話予約が緊張してしまい...。でも住んでる県は自殺率が高く、数年前からかなり自殺予防に力を入れてるらしいから、説教されたり嫌な対応してこないだろうと信じたい...。本当に利用者いるのかなぁ。ネットで建物の地図調べたら意外と近くだったから歩いて行ける。月末までに予約の電話頑張ろう。
連日、4時間くらいしから眠れなくて朝起きた時に頭痛とだるさが辛い。なぜか無職になってからも決まった時間に目が覚めてしまう。二度寝するのももったいないからコーヒー飲んで頭痛を緩和してる。今日は早めに寝れたらいいな。
先日買ったコンビニ人間、案の定面白くて一晩で読破。主人公のサイコパス感がすこし不気味だった。物語の主人公がコンビニバイトなのだが、調べたら作者も今現在コンビニで働いてるらしい。コンビニバイトの大変さも教えてくれた作品だ。就職や結婚などの人間としての常識についてがテーマだが、これを健常者に読ませて慄かせたい。話が約150ページだったからもう少し長めに書いてほしかった。
読みやすくて惹き込まれる小説だと一気読み出来るのに、1週間前に図書館で借りた本はまだ消化できてないから明日は図書館で読書に集中したい。
今さらアニメのBECKを視聴してる。すごく面白い。主人公のコユキくん可愛い。撫で回したくなる。
バンドしてる友達が宝物のギターをコユキ君にあげるのだが、ギターをケースに入れず出掛けたらうっかり歩道橋の上から落下させてしまい壊れる。→素直に友達に謝りに行ったら怒鳴られて絶交、泣きながら謝って走り去る。→知り合いのおじさんにギター修理を頼み、バイトしながらギターが直るまで友達と会わないと誓う。→修理が終わったギターを嬉しそうに持ち帰る矢先、いじめっ子のDQNに遭遇しギターを壊されてしまう。辛すぎた。ちょくちょくDQNのいじめシーンがあるからちょっとしんどい。それ以外は良いんだけど。あと実写もあるらしいがかなり評価低い。佐藤健主演だからすこし観たい気もある。

4/2。

図書館で借りた本を読みきれず、一旦返却して別の本を借りてきた。宮下奈都の「太陽のパスタ、豆のスープ」を昨日読了した。読むのに4日か5日ほどかかった。全体的に温かい雰囲気の世界観だったが、会話の応酬が若干くどく感じた。
今日、注文してた村田沙耶香の「コンビニ人間」が届いたので早速1時間ほど読んだが面白いと思う。ネットのレビューで、中学生でも読みやすい、と書いてた通り、描写も簡潔で分かりやすくスラスラ読める。芥川賞を取る作品は高尚で難解な表現が使われてる作品かなと勝手に思い込んでたが、全くそんな事なかった。買って正解だと思う小説だ。まだ半分しか読めてないが。

午前中、1時間半ほど買い物に行ってきたが、自転車で坂道登るのがきつくて膝が痛くなった。昔から屈伸すると膝がパキパキなるのだが、デブだから膝が弱くなってしまったのか。明日も気力があれば自転車で30分くらいの駅前まで行く予定。
夕方、民放ニュースで一発目から親子が無理心中したと流れ、続けざまに新社会人の入社式の映像、新社会人の力がかったインタビューと真逆の話題が。陰陽が強すぎる。自分の住んでる県は自殺率が高いから新社会人も気をつけてほしい。まぁ知らん他人の心配なんかしてられないが。

3/30。

ブログを書く前って気合をいれなきゃと力んでしまう。ブログ=長文、みたいな概念が拭えない。サクッと書いて終わらせればいいものの、乏しい文章力と語彙力で記事を完成させるのも一苦労だ。書く作業が楽しくなって文字を打つスピードも早くなれば更新頻度が増すのだが。

とりあえず前にヤフオクで入手した本を挙げておく。

f:id:lain_0301411:20180330210703j:image

岡崎祥久の独学魔法ノート。多分児童書のカテゴリーに入ると思う。中学1年生の主人公、ヒロマサが魔法について探求する話。あらすじを説明するのが苦手で、面白さが伝えられない...。魔法に興味を持つという子どもっぽい話だが、主人公は妙に大人びてるというか斜に構えた口調なアンバランスさと、物語の中に不思議な現象がたくさん散りばめられてて現実よりのファンタジーで面白い。ネットではあまり好評では無い感じだが、私が中学生の時に図書室で借りた本でこれが1番印象に残っていた。
すごく好きな本は買う派だが、自分的に小説って一度読んだら滅多に読み返さない故、極力購入するより図書館で済ませたい。しかし他に気になってる小説があるのだが、図書館には置いてないから買おうか迷っている。メルカリとかネットで買うにはまだ踏ん切り付かないからブックオフで立ち読みでもしてみるか...。

どんどん悟りじゃないが、孤独を自由と捉えるようにしたら少し気が楽になってきた。人と接すると「あ〜、変な無職だと思われてないかな」とか人の心理を勝手に推察しちゃって気疲れしてしまう。あと拒絶過敏性のせいで人の発言を一々深読みして勝手に落ち込んだりして。(これは人から聞いたが)人間関係は長続きしないものだから、自分が駄目だから人間関係長続きしないんだとか考えないようにした。その時その時知り合えた人を大切にしたいとは思ってる。
たまにTwitter辞めたいと思いつつ、やはりTwitterにしか居場所を見出せないようで中々離れられない。Twitterに色々期待してガッカリした事案が多々あるので、嫌になって消したい衝動に駆られるのに離れられないとは、まるで中学生が母親の料理に文句つけながら食べてる状態だ。
ブログも作り変えたい気持ちあるが、少し億劫だし何より今読者投稿してくれてる人を失うのが惜しい。

3/24。

図書館で本を6冊借りてきた。買わないで借りた方がお金がかからないし(小説をまた読み返す行為は滅多にしないだろうから)、ネットを見てるより精神が安定しそうなきがする。集中力がなりなく15分くらいで休みながら地味に完読したい。返却日までに読まなきゃという意識が芽生えるし。近所に図書館があって良かった。
はてなブログの人が紹介してる小説も読めたら良いなと思う。
先日、田中慎弥の「図書館準備室」を読んだ。主人公が30代の無職で、働かない理由を話し始めるという。短編なのに話の展開が跳躍し過ぎてて濃密だった。作者自身も、作家になる前は無職で引きこもりだったらしい。田中慎弥の小説より、作者の随筆を読んでみたい…。

もっと生活を楽しくするにはどうしたらよいか。まぁ友達がいないから趣味に力を入れるのが一番かな。タロット占いの勉強方法について検索したら、「タロットダイアリー」という書き込み式の本を知り、メルカリでたまたま半額で出品されてたので即購入。中身は365日分日記を書く欄があり、そこに今日占いで出たカード、起こった出来事、カードの意味と照らし合わせて気づいた点をメモする。あと占い方の種類別に結果を記録するページもあって便利そうだ。何冊か占いの本は持ってるが、3000〜4000円の高価な本はお金に余裕が無いので中々手を出せない。図書館に本をリクエスト出来たらいいんだけど…。お金あったらすぐ使う浪費癖があって、先日もフリマアプリのクーポン券があったから、ついそれでブレスレットを買ってしまった。クーポンを使ったが送料代と支払い手数料で金額がかさむんだよなぁ。
昔、SoftBankでTポイントカードを作ったのだが、よく仕組みが分からないが月一でSoftBank長期契約特典として500ポイント貰えたので、それをヤフオクの支払いに利用したり、毎日YahooのトップページにTポイントが当たるクジを引いて運試ししている。意外とネットにはクーポンやポイントが貰えるチャンスがある事に気付いた。先月はSoftBankユーザー限定の吉野家牛丼並盛り無料券がメールで届いた。でも田舎だから対象店舗じゃないかもしれないと、恐る恐る行ったら本当に無料だった。しかも25歳以下は2杯貰えた。今月はサーティワンが無料らしが、店が遠くて行けてない。
これからもクーポンやポイントを駆使してなるべく出費を軽く出来たらいいな。