日の当たらない場所。

無職の備忘録

4/5。

全然ブログ書けてなかった。一応まだブログは続けていきたいです。なんで更新遅くなったかというと体調不良です。大げさかもしれないんですが、遠くの皮膚科から近場の皮膚科に転院、前から使ってた薬を使っても症状が良くならず苦しいです。自分は花粉症になった事がないのですが、花粉で苦しんでる人と同じくらい痒さが辛いです。これで花粉症にまでなったら多分発狂しますね。いつもアンテベート軟膏という強めのステロイド剤使ってたけど、全然効かなくなってしまい。医師に別の薬を貰いましたが効いてるのかイマイチ分からない。風呂上がりとか血行が良くなって逆に痒くなるし、お湯で皮脂が洗い流されるから乾燥酷くなっちゃうし。今年の冬が1番症状悪くて。なんでこんな体になってしまったのか…。
1ヶ月になぜか生理2回くるし、夜は寝付けず午前3時4時まで起きてる日が多く、もう全然駄目ですね。やっぱ生活リズム正して甘い物辞めなきゃと思ってます。
もしかしてブログ読者さま?なのかもしれませんが、先日Amazonほしい物リストからサーキュレーターと空気清浄機が届きました。本当にありがとうございますm(_ _)m
まだ使用してないのですが、大切に使わせていただきます。特に親が喫煙者なので前々から臭いがストレスになってるので、空気清浄機はとても助かります。最近、電子タバコも使ってるみたいですが、あれも普通に臭うんですね…。なんで煙草って麻薬認定されないんだろ。
久々にアマゾンのリスト開いたら、「誰かがギフトとして購入しました」という表示が出るけどまだ届いてないのもあるので、いつ届くのか、というか本当に届くのかドキドキしてます。配送状況とかは購入者じゃないと見れないらしくて。


東北は4月なのに雪が降ったり連日雨が続いたりと、まだ寒いです。季節の変わり目って体調悪くなりやすいんですかね?暖かくなったと同時に、今抱えてる体の不調も消えてほしいです。

僕を待つ ときめき、今もまだありますか?

先日、お風呂から上がったら突然右耳が痛くなり、その痛みが右肩や首、頭痛までをも引き起こし、治りそうもないので耳鼻科へ。軽い外耳炎だった。去年も2回外耳炎になったのだが、今回のは痛みが酷くて辛かった。
処方箋を貰い、帰りに神社へ参拝しに行った。正月初詣に行かなかったから少し長めに拝んできた。200円のおみくじ引いたら吉だった。いつも末吉ばかり引くんだけどどっちが上なのだろう。


家に着いてさっそく点耳薬をし、ソファでぐったりしてたら夕方郵便物が届いた。メルカリで買ったときめきメモリアルGirls Side3だ。PSP版、PSvitaのDL版もあるらしいが、自分はDS版を買った。
こっからが本題なんです、なぜ買ったのか。ブログで書いたか分からないが、昔からニコニコ動画でゲーム実況を見るのが好きで、今月はアニメより観てる。フルコンさんのときメモGS、GS2の実況を観た後、オススメ欄にとみえさんのときメモGS3を覗いたらハマってしまい。パート40くらいまであるのだが一気見しちゃって、今2周しようと思ってる。実況者がオカマだからか、言葉遣いや違う視点からのツッコミがすごく面白い。とみえさんの実況動画観て、ときメモGS3買った人が300人くらいいたみたいで、この人の影響力すごすぎ。そして自分のその一人に…。
1番の目的は実況じゃ分からなかった話が知りたくて。GS3メインキャラの桜井琉夏の過去についてだ。琉夏には兄、櫻井琥一がいて、主人公と桜井兄弟は幼なじみだった。しかし主人公(プレイヤー)が幼少期に引っ越し、時が立ち高校入学前に再び地元に戻ってきた所からゲームが始まる。
3人で登校中、主人公が「あれ?確か琥一君の方がお兄ちゃんだったよね。一緒に入学式なの?」と質問したら琥一が「そーゆう家もあんだよ…」と濁すシーンがある。察しの良い人は分かるだろうが、初見の自分には意味が分からなかった。
ときめきメモリアルは、ただ自分好みの相手をデートに誘って楽しむだけだと思ってた。しかしこのGirls Sideシリーズはメインキャラに何かしら辛い過去が隠されている。攻略してから真相が分かるため、もう寝る間を惜しんで琉夏を1日半でクリアしてしまった。自分は既に実況である程度知ってる知識と、ゲームに疎いから攻略サイトを見たから大丈夫だったけど、実は琉夏を攻略する為の条件が1番多くて初見は難しいらしい。さらにキャラを攻略すると、ADVイベントというのが追加され、キャラ視点のサウンドノベルが聞けるようになる、すごく作り込まれてて驚いた。


桜井兄弟は見た目がもう厳ついし不良に思われるから、タイプじゃないと感じる人もいるかもしれない。しかしこの2人が同い年で兄弟という複雑な関係、高校入学を気に家を出て2人暮らし、いつも兄を名前で呼んでるが時には兄と呼ぶ。普通の兄弟よりも固い絆で結ばれ、親友のような2人。クリアしたらますますこの2人が好きになるような感動的な物語だった。私はこのゲームに出会えて本当に嬉しい。

f:id:lain_0301411:20190227152826p:image


余談だが、神社で引いたおみくじは吉で、ゲーム内でも初詣のおみくじが3年連続吉が出たから少し笑ってしまった。
心にいつもときめきを!
(今回のブログタイトルはときメモGS1のOP、B'zが歌う「SIGNAL」の歌詞を抜粋しました。ときめく感情を思い出させてくれたゲームに相応しい良い曲なので是非。

 

1/8。

f:id:lain_0301411:20190109202912j:image

アマギフから、モバイルバッテリーとトレース台が届きました。感謝です!モバイルバッテリーは病院行く時のお供にします。(待ち時間が2時間くらいなのでかなり暇)そもそもiPhoneのバッテリーの減りが速すぎる+水漏れした事あるから修理に出さないといけないんだけど…。壊れたら機種変したくなってきた…。トレース台は絵とか型紙書き写すのに使いたくて。6年前くらいにアニメイトで買ったトレース台が調子悪かったので。持ってたのはA4サイズくらいの小さい物でしたが、アマギフのはA3サイズの大きさで、厚さが5mmしかなくて驚きました。大切に使わせていただきます。


晴れてる日を狙って、作品を委託先に納品してきた。約1年ぶりに顔を出したのでものすごく緊張した。店員さんに「売れない物持ってきやがって」と思われるんじゃないかと勝手に妄想したり。いざ行ったら店員さんに優しく話かけられたので、それだけで胸がいっぱいになった。外で人と話すのが久しぶりすぎて、自分が何言ったか覚えてない。品数が少なくなると売れなくなると言われたので、今年は納品する回数を増やしたい。委託販売をして1年が経った。正直、あまり売れてないから辞めたい気持ちもあったが、こんなよく分からん物を買ってくれた人の事を思うと励みになるし、お店の担当者さんが自分の作品を褒めてくれたので、地道に続けていこうと思った。そもそも自分から頼んで作品置いてもらったんだから、こちらから辞めると言いづらいし。
ひと仕事終えた達成感が生まれたのに、帰り道いきなり吹雪てきて少し辛くなった。

 

僕らにしか見えない景色、分からない感情

31日の深夜に、昔よく好んで聴いた地元のラジオ晩組が一夜限りの復活放送をやっていた。それが年末の1番の楽しみで、リアルタイムで聴くべく自分は午前3時〜5時まで起きていた。嬉しくて嬉しくて眠気なんて感じなかった。
その番組ではアニメやマンガの話がメインなのでオタクとしては貴重な番組。
パーソナリティーは、アラフォー男性2人組。2人は中学時代の先輩後輩だったらしい。プライベートでご飯行った話とかもしてて、会話のボケとツッコミも息があってて微笑ましい。
番組中ではゾンビランドサガの紹介とかしてて面白かった。


番組終盤に「周りのみんなは年取ると健康の話しかしなくなるけど、俺達はアニメの話で盛り上がるから昔と変わらないよな」と言った後にゆるキャンのOPが流れたので、何だかしんみりした気持ちになった。そうゆう関係が羨ましくなると同時に、リスナーの自分もそうゆう存在でありたいと感じた。でももう放送やらないから悲しい…。パーソナリティが「俺らみたいな人に向けた曲」として、忘れらんねえよの「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた」が流れた。
"僕らにしか見えない景色 分からない感情"というフレーズが、このローカルでオタクにしか好まれないマイナーな番組に 妙にマッチしている。
それから気になって他の曲も聴いてみたら見事にハマッてしまった。私的オススメは「新・俺よ届け」「いいひとどまり」「ばかばっか」「踊れ引きこもり」かな。


外出ると高確率で雪が降るのやめてほしい。もう雪道歩くだけで疲れが倍増してしまう。
年末に図書館で7冊借りたが、ラジオとテレビの特番&アニメ消化に追われ1冊も読めなかった。なのに返却しに図書館へ来たら読書欲が湧いてきて、結局また4冊借りてきてしまいました。

12/28。

委託販売用の作品を大体作り終えたのでブログを書こうと思います。
アマギフでテレビとタロットカードが届きました。感謝です…!
機械音痴なのでテレビを映せるようになるまで1週間もかかった。というかとりあえず映せるようにしただけなので、まだ解決してない。
まず部屋にあるアンテナケーブルの先端が、なぜかちぎれていて。家が古いからなのか、普通のアンテナ端子を繋げるコンセントみたいじゃなく、壁から直接アンテナケーブルが伸びていて困った。フォロワーさんに話してみたら、サン電子のブースタがあることを知り、色々調べると室内アンテナのブースタは強電界域じゃないと難しいらしく。近所には3km以内に電波塔があるが家と反対方向で、両隣に家もあるので無理そうだと思った。次にブースタの関連商品で、室内ペーパーアンテナを見つけた。80kmまで対応してて、かつクリスマスセールで1000円、レビューも悪くなかったので買った。
ペーパーアンテナは窓に貼ると良いらしいが、電波塔がある報告とは窓が逆だった。そのせいか分からないが、アンテナレベルを見たら30くらいでがっかり。最低でも60はないと映らないらしい。
室内アンテナだとやはり電波は弱いんだと思った。もうちぎれたアンテナケーブルを直すしかないと、Yahoo知恵袋で自分と同じ状況を調べたら、アンテナケーブルの先端をカッターで切り、中にある太い銅線を直接テレビの端子に付けてるという文を見つけた。その後アンテナケーブルの先端を加工するやり方を調べたりしたが、とりあえずカッターで1cmほどケーブルに切り込み入れて銅線を出し、テレビの端子に差し込んでみたら、普通にテレビが映った。アンテナレベルも80くらいで安心。本当はホームセンターに行ってアンテナプラグを買わなきゃいけないが、寒波で吹雪いてるから外に出れなかった。
機械系は本当に弱いからテレビ映すだけでこんなに苦戦してしまった…。
アンテナケーブルの他に、PS2の機器でPS1のソフトが起動しない現象にも今ちょっと困ってる。PS2のソフトはちゃんと起動するんだけどなぜなんだろう。まぁゲームは別にいいんだけど。
話は代わるけど、Netflixを1ヶ月無料体験してる。洋画は豊富に見えるけど国内ドラマ、アニメが思ったより少ない。
闇金ウシジマくん面白い。ドラマ3期だけ観たことがあって、3期だと殺人とか拷問シーンがえぐすぎだったから、1期が比較的優しく見えてしまう…。ウシジマくん役の山田孝之さんが好きなので、たとえ借金負債者が酷い目に遭うシーンがあっても、これは社会勉強だと思いながら、ウシジマくんかっこいいなという気持ちが大半を占めてる。ただメンタルが落ちてる時にはしんどいから見れないだろう。
年末年始に孤独のグルメ水曜どうでしょうとか観てほっこりしたいなと思う。

12/10。

明日、皮膚科に行く予定なんだけど久しぶりすぎて緊張する。病院のHPチェックしたら待ち時間2~3時間かかる場合あるらしくて、午前に行っても終わるの昼過ぎになるんだろうな。長時間待たされて診察は5分くらいだろうし。人とのコミュニケーションもしんどいな。とりあえず図書館で先日借りた、若林正恭の「ナナメの夕暮れ」を待ち時間にがっつり読もうと思う。

あと委託先の店に持ち込む作品の事も考えなきゃ…1日ぼーっとして終わってる最近。正確にはニコニコ動画で好きなゲーム実況を観てたんだが。夜は寒すぎて布団潜ってたら寝落ちしてたパターンが多い。部屋が寒いのに親に節電しろと言われて困る。ヒーター使わないと室温12℃だよ、風邪ひきそう。

だんだん自分がSNS向いてないなと感じてきた。他人が結婚したとか新しい〇〇買ったとか何処へ行ったとか、一々そうゆう報告を見ても心の底からは共感出来ないし、自分に何の有益な働きをしない。じゃあ逆はどうなんだと言われたらぐぅの音も出ませんよ。自分の生活が空っぽ過ぎるから、人の生活と比較したくない。

先日、親の勧めで市民会館で行われたとあるコンサートに行ってきたんだけどすごく疲れた。まずよりによって天気が悪かったし、2時間という長い音楽イベントで聴覚過敏が発動、暖房が暑い、途中でゲストに親戚が出ていて(会話したことは無い)自分の子供の話とかしてて、現実が嫌になった。

以前少しだけ読んだ森茉莉の「贅沢貧乏」で、本当は今いる現実が夢で、理想を描いて妄想している時が現実であるべきだ。的な内容を常日ごろ願ってる。

11/17。

久しぶりに電車に乗った。揺れのせいか車酔いみたいに気持ち悪くなって、足元の暖房熱すぎて、毎日電車通勤してる人はすごいな…。電車で40分掛けてApple Storeへ向かった。バッテリー交換のために。そしたら店員に「中の部品が錆びてるので、本体交換した方がいいです」と告げられ。一度だけiPhoneを水に落とした事があるが、普通に使えてたから大丈夫だろうとたかをくくってた。このままバッテリー交換したらほぼ確実に電源がつかなくなるらしい上、店員がiPhoneを分解して調べたことにより、故障する確率が上がったとの事。無責任な…。本体交換は36000円で、支払えるほどの所持金も無くクレジットカードも無いから、結局何もせずiPhoneを返してもらった。わざわざ電車で40分かけて来たのが無駄になり、さっさと帰ろうと駅に来たら間違えて新幹線の乗車券を買ってしまう。駅員に「間違えて買っちゃって、返金できますか?」と言うと、「は?」みたいな顔をされ、窓口に行って下さいと流され。他人から塩対応されただけで涙目になりそう。その後、窓口のお姉さんに「返金できるので大丈夫ですよ」と笑顔で優しく言われた時は本当に泣くとこだった。
次の電車まで2時間半もあったため、皮膚科に行ったが午前の診察が終了しており、続いて献血ルームも覗いたが終わってたので、仕方なく駅周辺の街中をブラブラ散歩した。デパートに寄ったら、フロアの一角で就職相談会をやってるようで、リクルートスーツを来た若者達にビクビクしてしまった。いや、頑張ってて偉い、自分もああなるべきなのに…。逃げるようにデパートを出て、中古ゲームショップへ向かうが、はっきりと場所を思い出せず見覚えのある通りを歩き回っても見つからなかった。
横断歩道で立ち止まっていたら、信号が赤のまま向こうからおばさんが歩いてきて「ちゃんと待ってて偉いわねぇ」と私を見て言いながら通り過ぎていった。突然すぎて、その時は何のことを言われてるのか分からず、うまく受け答えが出来かったと同時に、すぐ横に横断歩道のボタンに気付いて押した。なぜもっと早く気づかなかったんだと後悔。なぜか自分は、外にでると知らない老人に話しかけられる率が高い。咄嗟のコミュニケーションは苦手なので、話しかけられたくないのに…、とても根暗な雰囲気を出してる自分が話しかけやすそうとは思えないのだが。
ゲームショップ探しを諦め、本屋で軽く立ち読みたり、ドラッグストアで保湿クリームのテスターを試したら逆に塗った部分がかゆくなるなど、すごく不毛な時間を過ごしていた。
やっと帰りの電車に乗り、読書をしようとしたけど、よりによって右隣はにぎやかなおばさんグループで左隣は夫婦と思われる男女が座ってきて会話がうるさい。そこで自分だけ独りなんだというのを思い知らされ、どんどん惨めな気持ちになる。そういえば今読もうとしてる本の著者も結婚してしまったしな、と思い出したらもう自分だけが取り残された人間で、誰からも見放されたんだと被害妄想みたいな気持ちになっていた。1ページも読めず、ただ読書するフリをして車内で憂鬱になるだけだった。
電車を降り、今度はバスが来るまで20分ぼーっと待ち、日が暮れた帰り道を、息絶え絶えで歩いた。気力を振りしぼってシャワーと夕飯を済ませ、あとはずっと布団に入っていた。歩き過ぎて足痛いし、フォロワーさんにしつこくLINEしちゃったし後悔しかない1日だった。夜中に目が覚め、改めて自分の経済力や社交性の無さを実感し、これからの人生どんどん悪化するのかと思うと本当に自分が嫌になり耐えきれず、朝方まで泣いた。これ読んでる人には「なんでこんな小さなくだらない事で泣いてんだ」と呆れられると思う。なんで生きてるのか分からなくなる。
そういえばデパートのフードコートでクレープを食べた。そうゆう外食すら久しぶりだった。正直フードコートの前を通ったら呼び込みしてた店員と目が合ってしまって、つい買ってしまい。貧乏性なのでクレープ480円はちょっと高いなと思った。電車酔いに生クリームは少しキツかったけど、ボリュームあって美味しかった。人並みに社会性とストレス耐性を身につけなきゃと分かってはいるんだけど…。あぁ外でクレープ食べる事なんて二度とやらないかも。今、外食すら自分にはもったいないと感じてきた。iPhoneの修理どうしよう…。お金、社会活動…、だめだ、なにもかんがえたくない。くるしくなる。