日の当たらない場所。

無職の備忘録

11/17。

久しぶりに電車に乗った。揺れのせいか車酔いみたいに気持ち悪くなって、足元の暖房熱すぎて、毎日電車通勤してる人はすごいな…。電車で40分掛けてApple Storeへ向かった。バッテリー交換のために。そしたら店員に「中の部品が錆びてるので、本体交換した方がいいです」と告げられ。一度だけiPhoneを水に落とした事があるが、普通に使えてたから大丈夫だろうとたかをくくってた。このままバッテリー交換したらほぼ確実に電源がつかなくなるらしい上、店員がiPhoneを分解して調べたことにより、故障する確率が上がったとの事。無責任な…。本体交換は36000円で、支払えるほどの所持金も無くクレジットカードも無いから、結局何もせずiPhoneを返してもらった。わざわざ電車で40分かけて来たのが無駄になり、さっさと帰ろうと駅に来たら間違えて新幹線の乗車券を買ってしまう。駅員に「間違えて買っちゃって、返金できますか?」と言うと、「は?」みたいな顔をされ、窓口に行って下さいと流され。他人から塩対応されただけで涙目になりそう。その後、窓口のお姉さんに「返金できるので大丈夫ですよ」と笑顔で優しく言われた時は本当に泣くとこだった。
次の電車まで2時間半もあったため、皮膚科に行ったが午前の診察が終了しており、続いて献血ルームも覗いたが終わってたので、仕方なく駅周辺の街中をブラブラ散歩した。デパートに寄ったら、フロアの一角で就職相談会をやってるようで、リクルートスーツを来た若者達にビクビクしてしまった。いや、頑張ってて偉い、自分もああなるべきなのに…。逃げるようにデパートを出て、中古ゲームショップへ向かうが、はっきりと場所を思い出せず見覚えのある通りを歩き回っても見つからなかった。
横断歩道で立ち止まっていたら、信号が赤のまま向こうからおばさんが歩いてきて「ちゃんと待ってて偉いわねぇ」と私を見て言いながら通り過ぎていった。突然すぎて、その時は何のことを言われてるのか分からず、うまく受け答えが出来かったと同時に、すぐ横に横断歩道のボタンに気付いて押した。なぜもっと早く気づかなかったんだと後悔。なぜか自分は、外にでると知らない老人に話しかけられる率が高い。咄嗟のコミュニケーションは苦手なので、話しかけられたくないのに…、とても根暗な雰囲気を出してる自分が話しかけやすそうとは思えないのだが。
ゲームショップ探しを諦め、本屋で軽く立ち読みたり、ドラッグストアで保湿クリームのテスターを試したら逆に塗った部分がかゆくなるなど、すごく不毛な時間を過ごしていた。
やっと帰りの電車に乗り、読書をしようとしたけど、よりによって右隣はにぎやかなおばさんグループで左隣は夫婦と思われる男女が座ってきて会話がうるさい。そこで自分だけ独りなんだというのを思い知らされ、どんどん惨めな気持ちになる。そういえば今読もうとしてる本の著者も結婚してしまったしな、と思い出したらもう自分だけが取り残された人間で、誰からも見放されたんだと被害妄想みたいな気持ちになっていた。1ページも読めず、ただ読書するフリをして車内で憂鬱になるだけだった。
電車を降り、今度はバスが来るまで20分ぼーっと待ち、日が暮れた帰り道を、息絶え絶えで歩いた。気力を振りしぼってシャワーと夕飯を済ませ、あとはずっと布団に入っていた。歩き過ぎて足痛いし、フォロワーさんにしつこくLINEしちゃったし後悔しかない1日だった。夜中に目が覚め、改めて自分の経済力や社交性の無さを実感し、これからの人生どんどん悪化するのかと思うと本当に自分が嫌になり耐えきれず、朝方まで泣いた。これ読んでる人には「なんでこんな小さなくだらない事で泣いてんだ」と呆れられると思う。なんで生きてるのか分からなくなる。
そういえばデパートのフードコートでクレープを食べた。そうゆう外食すら久しぶりだった。正直フードコートの前を通ったら呼び込みしてた店員と目が合ってしまって、つい買ってしまい。貧乏性なのでクレープ480円はちょっと高いなと思った。電車酔いに生クリームは少しキツかったけど、ボリュームあって美味しかった。人並みに社会性とストレス耐性を身につけなきゃと分かってはいるんだけど…。あぁ外でクレープ食べる事なんて二度とやらないかも。今、外食すら自分にはもったいないと感じてきた。iPhoneの修理どうしよう…。お金、社会活動…、だめだ、なにもかんがえたくない。くるしくなる。

夜中になると鬱が加速する。これ言ったら反感買われるだろうが、ひとり暮らしできたらいいのにと思う。ひとり暮らしというか、親と一緒に暮らしてるとイライラが募るから、他人の家に居候とかしてみたい。そんなツテないけど。よく出会い系や5chで家出少女泊まらせる人がいるらしいが、何もやましい感じじゃなく民泊させてほしいよ。田舎って本当に詰む。地元が嫌いになってきた。少子化対策なのか結婚相談所から電話かかってきて独身か聞かれるわ、テレビで秋田美人を紹介して秋田に観光客を招こうとか。顔面至上主義かよ、反吐が出る。健常者の基準で人の幸せを決めないでほしい。田舎の閉鎖的でつまんない環境で人生が好転する気がしない。誰も自分の事を知らない土地で一からやり直してみたい。勇気がない。

10/4。

先月、配信期限が切れる9月中にプリパラ140話+アイドルタイムプリパラ51話を一気に視聴した。
半年ほど前にプリパラを1話切りした事がある。なぜかと聞かれれば、当時の自分は南みれぃのぶりっ子アイドル感が受け付けられなかったのだ。そのまま観る気が起きないままでいたのだか、Twitterで突然おすすめツイートかリツイートで見かけた自撮りがプリパラを再び観る動機になった。
その自撮りは、不精ヒゲの男性がプリパラ主人公らぁらのお面を付け、口にタバコを加えているという図。大げさで偏見かも知れないが、推定30代とおぼしき男性もプリパラを好んでいるという事実を1枚の自撮りで伝わってきた。
成人男性までをも魅了するプリパラ、なんだか観ておかないといけない気になって、9月上旬から視聴してたが、配信期限が9月末までだったのに気づいて、ほぼ毎日プリパラ漬けだった。
1話切りした理由であるみれぃは、2話で実は学校の生徒会長だったという衝撃から、引き込まれるように全話観れた。みれぃみたいに日常生活とプリパラ内ではキャラが全く違うというギャップがあるキャラが他にも何人かいて、良い意味で裏切られた。ちなみに私がプリパラで好きなキャラは、らぁら、のん、あろま、みかん、ちり、みちる、にのです。みんな一人一人個性が強くて可愛すぎる。
調べたらプリパラの3DSソフトが何本か出てるみたいだから、欲しくなってきた…。

あと今日ヤマノススメも最終回まで観た。良かった。4期やってくれないと困る。好きなアニメが終わった喪失感がちょっとつらい。今期アニメ、1番気になってるのがジョジョなんだけど、原作読んだことなくて全くあらすじを知らない。4部までは観たんだけど、私が好きな承太郎さんは序盤に少し出るだけらしくて悲しい。5部で好きになれるキャラを見つけるのが楽しみ。
日中やたら眠くて、昼寝しすぎて夜も眠気が取れず、1日ほぼ何もしてない。多分今日で隣の家の工事終わったみたいだから、明日は買い物しに行こうかな。

9/30。

現実でもTwitterでも些細なことで感情がぐちゃぐちゃになってしまう。
これは本意ではなく今の心境なのだが、ネットの世界で人間関係を構築しても何かの拍子に崩れたり、現実での変化がきっかけで切れてしまう。と思うとやるせなくなってくる。たまたま意気投合してもその場しのぎの関係だから、自分はネットの人と長続きした人がいない。フォローという機能のせいで、自分に好意があるかどうかが視覚化され、ブロックされたら二度と関係を取り戻すことは出来ない厳しい世界だ。その上、Twitterの枠を超えて通話やLINEして親睦を深めた気になっても、自分が知らない内に相手の気分を害してしまい突然関係が切られる。自分にも悪い点があるのは重々承知だ。上手く感情を伝えるのも苦手で、ブロックされて、もっとああしとければ良かったなと後悔してる。精神が荒れてたり、酔った勢いでブロックしてしまった的な一時的な衝動でやる人がいるみたいだけど、それは建前で心のどこかで何かしら不満がなければ、交流してた人を切るのはあり得ないと思う。初めはブロックに気付いて、突然の事に訳が分からなくなるが、まぁでもよくよく考えると、嫌われる前兆みたいなのは頭に浮かんでくる時もある。全くコミュニケーションを取らなかった人にブロックされるのは「まぁそうだよな」で片がつく。
顔も見えない、詳しい素性も分からない状態で、人の心情に上手く察して適度な距離で仲良くなるのは本当に難しい。いきなり終わるネットの人間関係が怖くなってきた。「せっかく長い月日を掛けて交流したのに、こうもあっさり切られるなんて」と思うのは、安直で見返りを求めているからだろうか。たかがネットで現実と同じような充実感が得られるわけなかったのだ。
でも本心では仲良くできたら良いなと思う。もう一度仲良くなれるのを信じてみたいけど…。
本当に辛いなら辞めればいい話だけど、結局現実で居場所も友人もいない自分は、今の所1番愛着があるTwitterを利用するしか手がない。あとネットにまで人の幸せそうな現実を見せつけられてしまうと、現実で何もない自分としては劣等感で憂鬱になってしまう。早く現実で夢中になれるものを増やしていかなければならない。

先週から隣の家が外壁工事を始めたようで、日中は気が休まらない。土曜でも朝から作業員の話し声が聞こえてくる。しょうがない事だが早く終わらせてほしい。丁度自分の部屋とリビングの窓から隣の家が見えるから、カーテンを閉めきって生活してる。もしかしたらカーテンの隙間から自分の姿が見られてしまい、平日なのになぜずっと家にいるのかと話のネタにされてるに違いない。(昔自分の家の外壁工事の時、そうゆう話し声が聞こえてきた)外出する用があったから、仕方なく玄関を出たら、すぐ作業員に気づかれて恥ずかしくなった。しかも朝に作業員が家に来て母と親しげに話していたから、きっと顔見知りなんだと思う。こうゆう田舎の狭いコミュニティで、無職である自分の存在が知らない人に広まっていくのかと妄想が止まらない。気にしなければいいのに、何でこんなに些細な事で一々憂鬱になってしまうのだろう。生きづらい。

9/11。

昨日出品した物がすぐ売れたので午前中に郵便局へ行った。なんかうるさいと思ったら、今日から祭りをやっていた。神輿が通過する間、数分だけ交差点で待たされ少しイライラした。
せっかく外に出たし、次は手芸の材料を買いにダイソーへ。しかし欲しいパーツが無いから、店員さんに在庫あるか聞いたが、無いと言われてまい。田舎は品数少ないから困る…。とりあえず似た商品を買ってきた。ついでにレジに設置されてた募金箱にお釣りを入れた。
帰りに再び祭り会場の近くを通過した時、騒音で苦しくて吐き気が起き、頭も痛くなった。うるさい音に慣れない。10代の時はなんともなかったけど、今は夏の花火も無理。
帰宅後、ソファに横になり2時間くらい動けなかった。
依然として外はしんどいし、金欠だけど最近そこそこ充実した日々を送ってる。アニメで癒され、趣味を楽しめてると精神が安定していく。
夜になると肌寒くなってきたから、夏に使用しなかった電気ケトルを洗い、温かいものを飲もう。

9/8。

ビールの箱持って、5歳くらいの子供には買い物カゴ持たせてる母親とか、ビニールの包装袋を開けて商品の品定めしてるおっさんを見かけ、本当に色んな人間がいるんだなと思った。

ふらいんぐうぃっちの新巻とお菓子を購入。最高の癒やし。

f:id:lain_0301411:20180908225354j:image

9/3。

今日でやっと歯医者通院が終わった。ただ歯茎がまだ腫れてること、4ヶ月後にまた来いと言われてしまった。
お土産にまた虫歯にならないチョコ(歯の形をしてる)と試供品の歯磨き粉を頂いた。気が利いてて良い。歯茎が腫れてるのはきっと日頃の歯磨きを雑に済ませてきたせいだろうから、いくら眠かろうがだるかろうが、丁寧に磨かなければ。ちなみに今回の診察料、なぜか3400円も取られた。

口座に賃金が振り込まれた事により、少々気が大きくなってしまいフィギュア2体を注文してしまった。どちらも2等身のミニフィギュアだから高くはなかったが。(本当に欲しい物は1万越えしていたため手が出せなかった)机の上に飾りたいが、そんなにスペースないから片付けねば。届いたらTwitterにあげると思うがブログにはどうしようか検討中…。
歯医者とフィギュア衝動買いで9月始まった矢先、金欠になりかけてる。ため息が止まらん…。
先週は涼しかったのに、今週は28℃以上の日があって寒暖差がキツい。

この前までTwitterのいいね数を気にしていた。フォロワー数2桁の鍵垢の分際でそんなアルファツイッタラーみたいな気持ちが出てしまうのがおかしいんだけど。未だ承認欲求に勝てる自信は無い。やっぱりいいね機能がある以上気にしてしまう。
子どもの頃から目立てなかった人が、SNSで会った事もない人からまで「いいね」をしてくれて、自分が注目されてるんだという満足感が得られる。その快感を味わうともっと注目されたい欲が掻き立てられる。これがSNSに潜む魔物。
本来自己顕示欲があったり人気者になりたかった訳ではなく、もともとは「目立たない方が楽」と考えてたのに、一度「すごい」と多くの人の視線を集めたことで、幼少期に誰もがあったであろう親に対する「私を見て」という無邪気な自己愛的な感覚がSNSによっていとも簡単に呼び戻されてしまう、という一説に結構感心した。